自社ビルメンも異動の時期です【ビルメン界隈の身の程知らずたち】

自信過剰なビルメン業界の人々

20年近くこの仕事をしていると、この仕事の深さと己の未熟さを痛感するとともに、自信過剰な身の程知らずをたくさん見てきました。

これは設備管理だけではなく、どんな職業でもそうなんでしょうね。

 

例えば現場が解約になる際、新しく入るビルメン会社は人員確保と現場経験者が欲しいため、現在在籍している解約ビルメン達に声を掛けます。

 

引き継ぎ期間があれば一緒に働いて目ぼしい人間が選ばれることとなります。

 

ビルメーンも10年ほど前に一度解約を経験したことがあります。

その際、新規ビルメン会社と2ヶ月ほど一緒に作業したり当直をしたりと引き継ぎ期間を経たあとに声を掛けられました。

 

その時の経験からすると、提示される金額や条件は解約前より良くしてくれますし、独立系・系列系としては頑張ってくれると思います。

独立系で数年で600万円近くを狙える条件提示でしたが、赤字覚悟でしてくれたのだと感じました。

 

請負金額も知っていたビルメーンからすればリスク満載なのでまあ行かないけどね!

 

提示される条件は人によっても違いましたし、声を掛けられた各々が決めればいいことです。 

そこで声が掛からなかった元電気工事屋の後輩(20代後半・経験4年)

「なんでビルメーンさんと〇〇さんにしか声が掛からないんですかね?僕も行きたいんで聞いといてもらえますか?」

 

お、おう…

 

てことで一応、彼の意向を新ビルメン会社の人事の方に伝えますが、数日後お断りの返事が。

 

それを後輩に伝えると

 

「なんでですかね!!?」

 

知らんやん。逆に、どうして4年しか経験のない自分に声が掛かると思ったの?何か秀でるもの一つでもあるの?

 

その現場は7人在籍していたのですが、新会社も補充できる人員の関係などもありますし、誰でも欲しいというわけではないのでしょう。

 

ですが彼は自分は声がかかるべき人材だと思っていたのです。

 

当時10年近く経験してまだまだ一人前には程遠いとビルメーンは感じていたのに、この子は数年で一人前になったつもりでいました。

確かに3種の神器である上位資格も取って頑張ってはいたんですけどね。

 

この身の程知らずが!!

自社ビルメンの引き抜きの際は

ビルメーンが現在の会社に引き抜かれた際も、本社の同期に言われたのが

「マジで?それやったら俺が行きたいわ」

 

DA・KA・RA!!

 

どうして自分が行けると思うの?

今まであの会社に誰も引き抜かれたこと無いでしょ?

お前ごときでいいなら今まで何人も引き抜かれとるわい!

 

この同期に至っては、普段の発言の感じでも自分のほうがビルメーンより上だと思ってたからね…。

その自己評価は結果を出してからにしてくれーい!

自社ビルメンにも身の程知らずは居るもんで

以前にも記事にしたかもしれませんが、ビルメーンの会社は事務や技術職までほとんどが新卒の生え抜きです。

引き抜きや中途入社は少数です。

 

ビルメン会社とは真逆ですね。

 

www.khars3.com

上記の記事でも書きましたが就職したい企業トップ10に入るような会社なので、元々優秀な人材が揃いますし、全体のレベルは普通のビルメンでは考えられないほど高レベルですが、それでもどうしてもポンコツが混じっちゃいます。

 

そうすると部署としては必要な人材とみなされず異動対象となる事があります(事務職は定期的に異動がありますので別です)。

 

ビルメーンの部署でも新卒入社7年のA君の異動が決まりました。

 

このA君、ビルメーンが引き抜かれて入社したばかりの頃(2年半前くらい?)、給与明細を覗き見て上司に文句を言いました。

 

A君「〇長、ビルメーンさんめっちゃ給料多いですやん。納得行かないですわ!」

 

上司「そうなん?君の倍以上の仕事してるんだから当たり前じゃないの?」

 

当然ですが上司に軽く弾き返されてました

 

A君「僕、学生バイトの時代から納得行かないんですよね! 同じ仕事してるのに給料違うってのが!」

 

まだ納得がいかないようで訳の分からないことを言い出しました。

 

ビルメーン「まあまあ落ち着いて、私のほうが納得いかないんですよ。本来なら能力に合わせて給料も倍以上欲しいのをこの給料で我慢してるんですよA君」

 

A君「ブツブツ」

 

そこは身の程をわきまえようよA君。

ただプライドは高いのですが性格はとっても人懐っこく、ビルメーンはこの子が好きです。

それから数年、A君は異動対象に

上司「A君、異動するなら辞めるって言ってるらしいな」

ビルメーン「家庭もありますし辞めないんじゃないですかね?それに残ってもこれ以上成長しないですよ」

上司「そうなんや。もう見限ったんやな」

ビルメーン「ええ、そうですね」

 

異動決定後にA君と会話していると

 

A君「異動させたら辞めるって言ってるのに」

ビルメーン「うん、辞めるの前提で異動させるんでしょ」

A君「え?そうなんですか?」

 

この子、辞めると脅せば異動を回避できると考えていたようです

 

てか未だに自分が戦力外だと気付いていません。

むしろ俺天才!仕事できるぜ!と思ってます(ガチです)。

 

本当に自信過剰な子だな…性格はいいのに勿体ない

 

とはいえA君も、系列系や独立系へ行けば経験7年としては相当優秀です。自社ビルメンのレベルが高すぎて目に付いてしまうというね。

少なくとも系列系や独立系で数年勤めた程度で仕事を語ってる人達よりは間違いなく優秀

 

現場でもネットでもですが、たかが数年経験しただけで他人のことを批評できるレベルに自分が到達したと思ってる人が結構居て驚きます。

 

少なくとも自分は現場責任者になるまで半人前にすらなったと思ってなかったんで…。

 

ちなみにA君には系列系ビルメンへの転職を勧めておきました

どんな職種でも自信過剰な人はいる

ちなみに個人事業のほうはビルメンとは全く関係ない職種なのですが、その初期メンバー4人のうちの1人(当時20代前半の女の子)が

 

「私、優秀なので挫折を味わったこと無いんですよね」

 

と言ってくれました。

おお、頼もしいね

 

でも仕事がスタートすると、やはりみんなと一緒…。

 

仕入先を各自で探して見積もり交渉を4人同時にスタート。

金額だけではなく、実際に品質も確認して最良の仕入先を探します。

 

結果、ビルメーンが1日で辿り着いた品質と金額に、1ヶ月経っても誰も辿り着けず。

ビルメーンが20万円台のところ、残りの3人は全員100万円超えの見積もり。

しかも品質悪いやん。

これからずっと使っていく業者なのに、これだけ違うと利益率に大きく影響するよね。

 

てことで、3人が必死に時間を掛けて頑張るよりビルメーンがサッサと決めるほうが効率的です。

それ以外の取引先もビルメーンが全て決めました。

 

ただこれは想定内です。

最初だけビルメーンが動いて、あとは3人がやればいいだけです。

 

と考えていたらビルメーンとの違いに心が折れてアッという間にその女の子はうつ病に…。

 

え?そんなに絶望するほど挫折する?

 

脆すぎるやろ。大学卒業してまだ2年とかやろ?君の今の会社に自分以上の人間がいないだけで、世の中にはビルメーン以上のバケモノいっぱい居てるって!!

 

それからはその子は一切仕事をせず、メールで手首を切った画像などを送ってきて「すみません」ばかりの数年間でした。

 

いや、謝らなくていいから病気治して

 

結局、その数年間に彼女がこなした仕事は0件というとてつもない実績を残して去っていきました。

 

仕事は一切しないけど、打ち上げは必ず参加するというね。

そしてメッチャ元気やん…

 

逆に、身の程をわきまえた残りの2人はビルメーンとの違いを受け入れ努力を怠らず、今では独立して自営業をしています。

 

身の程知らずは、身を滅ぼす

 

こういう風にならないよう、身の程をわきまえて生きていこうと思わせてくれる人々との出会いでした。

 

おわり