【まさかの原因】Macが起動しないときに試したことの備忘録

MacBookが充電されていない

ビルメーンは普段使いでMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)を愛用しているのですがある日、電源に繋がれているのに充電がされておらず少しずつバッテリーが減っていることに気付きました。

 

ん?

 

MacBookにはインジケータランプがないので、テスターにてコンセントの電圧確認

→OK

 

次は充電器とケーブルの不良を疑い予備と交換

→改善せず

 

いちおう再起動

→やはり改善せず

 

SMC(システム管理コントローラ)やNVRAM/PRAMのリセットをするためにシャットダウン

→するとまさかの

全く起動しなくなっちゃった…

マジか!!

 

…マジかーー!!!!!

 

起動するがOSが立ち上がらない等なら、他の方のブログを見ても対処法がありそうなのですが、なんせ全く起動しません。

 

MacBookはトラックパッドのクリック感があるかどうかで起動しているかどうかが判断できます(iPhone7以降のホームボタンと同じですね)

→クリック感なしのため、液晶の不具合ではなく本当に起動していないと考えられる

 

バッテリーは外せないのでケーブル類を全て外して1時間ほど様子を見て再び起動を試みる

→ダメ

 

バッテリー残量は80%以上あったのですが、充電ケーブルを抜いてバッテリーだけにしてもやはり起動しません。

ということはコネクタ不良ですら無いということ。

 

うーむ…

 

 

ちなみにこの症状、職場で起きたのですが、壁面のコンセントからOAタップで延長、そして内線電話の子機類が山ほど繋がっているのが気になりました。

 

まさかノイズ??と思って別の回路に挿し替えてみると。

 

見事に起動!!

 

 

もうビビったよ〜!

 

一旦起動してしまえば、元のコンセントに挿してもバッテリーでも問題なく起動。充電もキチンとされています。

 

完全に復旧しました

 

しばらくしたら忘れているかも知れないので備忘録も兼ねて記事にしておきます。

どうやっても起動しない方々、少しでも可能性があるならやる価値はありますので一度お試しください。

 

おわり